コンテンツのイメージ

3.8m新技術望遠鏡計画

3.8m新技術望遠鏡想像図

民間からの資金援助により、国内最大の3.8m新技術天体望遠鏡の建設を開始することが正式に決まりました。2006年8月1日に関係者の間で覚書締結式が行われました。資金援助する民間会社はナノオプトニクス研究所(藤原洋 代表取締役)です。

望遠鏡は、京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室・附属天文台名古屋大学大学院理学研究科光赤外線天文学研究室、国立天文台岡山天体物理観測所、および、ナノオプトニクス研究所との連携研究により建設される予定です。

望遠鏡は国内初の分割鏡方式で建設されるのが特色です。望遠鏡設置場所は国内で天文観測条件の最も良い国立天文台岡山天体物理観測所の隣接地に建設予定となっています。

京都大学理学研究科附属天文台が中心となって国内の大学連携により共同運用を目指します。世界最高水準の超高速超高分散分光偏光観測により、突発天体や星形成領域の観測での新発見が期待されます。

民間からの資金援助で天体望遠鏡が建設されるのは外国では珍しいことではありませんが、国内では初めてのことです。

このページの先頭へ戻る