コンテンツのイメージ

見学案内

所内の見学案内

188cm反射望遠鏡

常時公開

岡山天体物理観測所は平日休日を問わず午前9時から午後4時半の間、見学が可能です(無料)。ただし鏡の蒸着作業中 (毎年6月前半) は見学を停止しています。また、不定期に所内の工事等のため見学ができない場合があります。見学停止期間はトップページ上でお知らせいたします。

受付(守衛所)で記帳し徒歩で登ると、188cm反射望遠鏡を見学室の窓越しに見ることができます。見学室では、観測所の活動を紹介するポスター展示もあります。

91cm反射望遠鏡クーデ型太陽望遠鏡50cm反射望遠鏡、本館は公開していません。また、それらの施設周辺への立入はできません。
午前9時から午後4時半までの見学時間以外に、観測所構内に留まることはできません。

隣接の岡山天文博物館(浅口市営・有料)では、15cm望遠鏡による太陽面の観察、プラネタリウム、展示物や4次元デジタル宇宙シアターの見学が可能です。

イベント

例年夏休み頃、特別公開と題して施設の公開イベントを行っています。このときは普段は入れない188cm反射望遠鏡ドームに入ることができます。また、通常非公開の望遠鏡・ドームの公開も行っています。

また年に2回、188cm反射望遠鏡を使っての特別観望会を行っています。応募方法はサイト上にも掲載するので、ニュースの更新をときどきチェックしてみてください。

これらのイベントはギャラリーの過去のイベントの様子で紹介しています。

このページの先頭へ戻る