コンテンツのイメージ

プログラム小委員会

岡山天体物理観測所の共同利用観測課題は、岡山観測所プログラム小委員会によって決定されます。半期ごと(1-6月、7-12月)に公募が行われ、レフェリによる審査を経て、プログラム小委員会が採否、夜数配分を決定します。

岡山観測所プログラム小委員会は、国立天文台光赤外専門委員会の下に設置された小委員会です。プログラム小委員会メンバーは以下の通りです。(任期: 2015年4月〜2017年3月。通常は2年の任期を2回連続して担当して頂いており、2年ごとに約半数が改選されます)。

  • 2016年10月18日の国立天文台・光赤外専門委員会に於いて、 岡山観測所プログラム小委員会のメンバーに 長田哲也氏(京都大学)、野上大作氏(京都大学)の2名が追加されました。
  • 2017年1月18日の国立天文台・運営会議に於いて、光赤外専門委員会の下の岡山観測所プログラム小委員会の審議事項に「3.8m望遠鏡共同利用の運用方針・計画の策定」が追加されました。

岡山観測所プログラム小委員会 メンバー

  • 植村 誠 (広島大学) : 委員長
  • 竹田洋一 (国立天文台)
  • 松尾太郎 (大阪大学)
  • 佐藤文衛 (東京工業大学)
  • 松永典之 (東京大学)
  • 長田哲也 (京都大学)
  • 野上大作 (京都大学)
  • 浮田信治 (国立天文台 岡山天体物理観測所)

プログラム小委員会 議事録

このページの先頭へ戻る