Basic instrument parameters

Basic instrument parameters

波長域
360〜1000nm
比波長分解能
R=65000(スリット幅0.76″、200μmにたいして)
検出器
CCD:13.5μm角ピクセル,2048×4096素子
方式
特定の名称なし :コリメーター 軸外し放物面
カメラ
球面レンズ系(5枚玉)、焦点距離855mm、口径200mm
エシェルグレーティング
31.6本/mm(ブレーズ角65°)
クロスディスパーザー
250本/mmと400本/mmの二つを切り替え可能
効率
3%@500nm(スリットを広げると大気圏外のフラックスの3%が検出される)
感度
12mag@V-bandの点源を分解能65,000で観測した時、1時間積分でS/N≦〜>10程度。望遠鏡の鏡面の反射率やシーイングにより、ファクター2で変化する。
最高分解能
R=110,000
同時観測波長域
115nm with 250gr/mm for single CCD
トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 検索 最終更新 ヘルプ 最終更新のRSS

Last-modified: 2008-02-01 (金) 17:07:07 (5311d)

Back to Top