2008年3月の要望と回答

HIDES、188cm望遠鏡不具合

2008年3月27日木曜日

・obs74-1の左のマシン(大きい液晶のマシン)でds9を起動し、irafのimexaタスクで「m」コマンドを使用するとハングしてしまいました。そのさらに左のマシンではこのような現象は確認されませんでした。

【回答】irafのバージョンのせいかもしれません。調査します。

・cont74のStar Plotにおいて、星を指定したのちにGo To Positionをクリックすると、ドームが動いただけで望遠鏡が動かず、そのままStar plotがハングするということが起こりました。Star PlotをDismissして再度立ち上げたところ、datファイルを読み込むことができなかったので、cont74とCoudemainを再起動することで復旧しました。

【回答】ご迷惑をおかけしました。Star Plot関係のコードを見直してみます。

・Star PlotのSunの位置が、観測二日目(25日)より更新されなくなっていました。

【回答】これも上記に関係したバグだと思われます。

・観測ログのFOCUS欄に温度を書く欄があると便利だと思いました。

カテゴリー:188cm望遠鏡

KOOLSの不具合

2008年3月13日木曜日

KOOLSのmessiaが何度かhung upしたが、messia serverを立ち上げなおすことで復旧できた。

【回答】ハングアップの原因はよく分っておりません。適切な対処をしていただき、ありがとうございます。

カテゴリー:188cm望遠鏡

188cm望遠鏡制御ソフトの不具合

2008年3月5日水曜日

3月5日:21時30分頃、天体の露出中に突然スリットビューワのオートガイド゙がきかなくなった(cont74がハングアップしていた模様)。露出終了後に、cont74を立ち上げ直したところ、正常に動作するようになった。

【回答】 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。ハングアップの原因は判明しておりません。

カテゴリー:188cm望遠鏡

HIDES制御ソフトの不具合

2008年3月3日月曜日

ヘッダー情報を取り損ない、前のデータと同じになってしまうことが数回(多い時は一晩に3回)。

―>cont74とCoudeMainを立ち上げなおして復旧

【回答】 申し訳ありませんでした。HIDES制御ソフトに一部不具合があり、望遠鏡との通信が途絶えることがありました。対応しました。

カテゴリー:188cm望遠鏡

鍵の印、観測の感想

2008年3月1日土曜日

マスターキーにシールが貼ってあったため便利でした。

そのほかも快適で、良い観測を行うことができました。大変お世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリー:生活


このページの先頭へ