2007年8月の要望と回答

落雷マニュアル

2007年8月22日水曜日

めったにないとは思いますが、落雷時や落雷が起こりそうな時のマニュアルのようなものを作っていただけるとありがたいです。

[回答]所内で検討の上、準備します。

カテゴリー:研究環境

188cm望遠鏡制御系の不具合

2007年8月22日水曜日

望遠鏡のポインティングが終了しない(LCUリセットをかけても改善しない。RA方向は合うが、Decが30”程度離れたまま、永久に収束しない。ターゲットを変えても改善しない。望遠鏡の制御ソフトで「SEND STATUS TELESCOPE DECGUIDEABS=ERROR」というエラーが出ていた)。

[回答]188cm望遠鏡のDec軸のスロースピードは可動範囲が決まっていて、それを越えて動かそうとするとリミットで止まってしまいます。モーターがクイックに切り替わると、そのときに自動的に初期化をしますが、これには時間がかかり、クイックになっている時間が短いままに再びスローにするとすぐにリミットにかかることになります。たとえば、天球上の位置が近い天体を次々にポインティングしていくような観測をすると、この現象が起こります。Dec軸があるところで止まって動かないように思えるときは、一旦Dec軸をクイックに切り替え、1~2分放っておいてから再ポインティングしてください。

スリットビューアー(hotpixelを除く改良版)がFocusの画面でスタートを押すとフリーズする。また、Movie画面、Guide画面が2枚に1枚の割合で不良フレームが表示された。また、スリットビューアーの動きが鈍い。

[回答] スリットビューワーソフトのバグです。改修します。しかし、「スリットビューワーの動きが鈍い」という表現は正しくありません。「望遠鏡の動きが鈍い」というのが正しい表現で、スリットビューワーソフトでマウスクリックで望遠鏡を動かす(スリットビューワーに写っている星を動かす)ときは、望遠鏡はガイドスピード(60”/分)で動きます。ですから、マウスクリックで大きく動かそうとすれば、たいへんな時間がかかることになります。目安として、20”以上動かすときはハンドセットを用いていただくのが妥当です。

Auto DoomがONなのに望遠鏡の動きがドームに追随しないときがあった。

[回答]UI上でオートドームがONになっていても、CD上ではオートドームになっていない場合があります。これはバグです。ドームが追随していないように思えるときは、UI上の表示に関わらず、オートドームをONにしてください。

CoudeのNDフィルタの選択時に、GUI画面の数字が変わっていくが、それが最後まで変わらずに途中で止まる時があった(Statusは赤のまま)。

[回答] HIDES制御のGUIから、フィルタ交換機構の初期化を行ってください。

カテゴリー:188cm望遠鏡

188cm望遠鏡制御系のトラブル

2007年8月6日月曜日

8/6(月),20時頃

問題:広視野ビューワを見ながらコントローラで天体の位置を変えようとRA+ボタンを押したところ、ボタンを離しても常に押されっぱなしの状態になった。ソフトでLCUリセットの後、望遠鏡で天体の位置へ導入をやり直しても、非常にゆっくりとしか移動せず、導入が終了してもすぐにRA+方向へ流れてしまった。

対処:ハードリセットを行った。リセット後にsidereal driveがoffになるということを観測者が認識していなかったため、再度導入してもまだ不具合が残っているように見え、当番の岩田さんに連絡した。Sidereal driveをonにして、問題なく導入、スリット位置への微動を行うことができた。

[回答] ご迷惑をおかけしました。正しい対処であったと思います。

カテゴリー:188cm望遠鏡

188cm望遠鏡の不具合

2007年8月3日金曜日

8/3(金),3時20分頃

問題:(月が雲から顔を出してきたので)望遠鏡を天体に向けようとしたが、Dec方向に数分程度ずれた位置で停止してしまい、quickからslowへ移行しなかった。観測者がLCUハードリセットを電源を落とさずに行ったため、望遠鏡のブレーカーが落ちた。

対処:この日は観測できる天候ではなかったため、翌日、柳澤さんに電源を復帰していただいた。

[回答]LCUのハードリセット前には「必ず制御架でメインスイッチを切ってください」。このことは何度かここでもお願いしています。

カテゴリー:188cm望遠鏡

シャワー室のリンス

2007年8月1日水曜日

シャワー室のリンスが切れそうです。補充をよろしくお願いします。

[回答]備え付けの生活用品がなくなりそうなときは、早めに事務室までご連絡いただくよう、お願いします。

カテゴリー:生活


このページの先頭へ